尼崎市総務消防委員会で日の丸掲揚義務化の条例案継続審議に

「日の丸の掲揚義務化条例案が3月の本議会では、採決されないことが決まりました。2月27日総務消防委員会で約3時間近くの審議の後、継続審議されるということになりました。
条例の瑕疵が問題となり、事前に条例案が市民に知らされていない拙速な提案である、予算措置もないのに4月1日からの施行日となっている、この条例を定めれば職員に強制という問題点が生じるといった点が主な議論となりました。閉会中の審査が4月に行われ、採決は6月議会に委ねられます。
【感想】
もっと本質的な議論をしてほしかったというのが、一番の感想です。「内心の自由」に関わる問題に、議論が深まらなかったのは残念でした。また日の丸・君が代の根源的な問題となる、かつての戦争をどのように見るのかということに対して、日本共産党の早川氏よりの質問であった「侵略戦争だと政府見解をしめした村山談話について,どのように思うのか」との問いかけに、提案者がそのように思わないと述べている点など、歴史に真摯に向き合う姿勢が示されていないことに、この提案者の会派,新政会の後進性をみたおもいでした。
【これから】
引き続き、日の丸の強制を許さない運動を強化していかねばなりませんl。上からの押しつけで国や郷土を愛する心を養うことはできません。「思想・信条の自由」「内心の自由」が保障される、憲法と民主主義が生かされる尼崎、社会でなければなりません、これからもがんばります。

by kawatetsu20120208 | 2012-02-27 23:55 | 活動日誌  

<< 委員会で日の丸強制条例が修正案... 尼崎市議会で「尼崎市国旗の掲揚... >>