決算委員会終わる

昨日の9月24日で、決算委員会が終わりました。平成24年度の決算は、様々な問題点から、日本共産党議員団は認めないと言う態度をとりました。私たち以外の会派は、皆賛成でした。借金があるから、市民に我慢を強いる市政を、このまま続けていくのかどうかが今後問われてきます。討論の中で真崎一子議員が、特に以下の点を強調して指摘しています。尼崎の借金は、その大半が過去の大型開発で、土地を買い漁って、その借金返しが大元の原因です、この点を市と議会は反省をしなければなりません。今後返済しなければならない借金額は、 2,800億円を超えるということですが、すでに借金返済のために準備しているお金もあり、実際の返済額は約半分と言う状況です。市民には過大に見積もった借金返済の総額だけを示すやり方ではなく、きちんとした広報がなけされなければならないという点も、指摘しています。
川崎の次の課題は、 9月27日の金曜日に行われる健康福祉委員会です。保育所に関わる問題で、陳情が3件提出されています。陳情者の思いに心を寄せて頑張ります。

by kawatetsu20120208 | 2013-09-25 12:32 | 活動日誌  

<< 9月27日健康福祉委員会の審議... 9月23日付で第5号発行 >>