公契約条例の勉強のため札幌市に行ってきました

5月12日から13日と札幌市に行ってきました。札幌の人口は約200万人です。

尼崎では全国に先駆けて5年前、議員提案により公契約条例を提案しましたが、残念ながら議会では否決となりまだ制定されていません。
札幌市では昨年、市長の公約に基づいて市からの提案で条例提案されていましたが、僅差で否決されています 。
まだ条例が制定されていない者同士、様々な問題点、課題を共有し、今後に向けて、有意義な懇談をすることができました。

札幌市 公契約条例案について紹介します。
【目的】
公契約にかかる作業に従事する者の適正な労働環境を確保し、それを通じて事業の質の向上を図り、もって誰もが安心して働き、暮らすことができる地域社会の実現及び市民の福祉の増進に寄与すること。
【市の責務】
市は、公契約に関し、入札及び契約における透明性、競争性および公平性を保持するとともに、公契約にかかる作業に従事する者の適正な労働環境の確保、事業の質の向上、地域経済の発展に資するよう、公契約に係る施策を実施しなければならない。

尼崎では今検討中ですが、今年の10月4日から5日にかけて公契約条例のシンポジウムを開催する予定です。
c0236037_014249.jpg
札幌市役所の16階から見た時計台
c0236037_8562853.jpg
札幌駅JRタワー38階の建物
c0236037_012402.jpg
JRタワーの最上階から北側を一望、茶色の建物は北海道JR、遠くに札幌ドームも見えた
c0236037_011826.jpg
北海道植物園の亜寒帯の珍しい植物がたくさんあり

by kawatetsu20120208 | 2014-05-14 08:56 | 活動日誌  

<< JR踏切問題の住民説明会の開催... 『子ども・子育て支援新制度』つ... >>