アオギリにたくして

8月 24日、第19回尼崎平和のための戦争展で、「アオギリにたくして」の映画が上映され観に行きました。
 広島の原爆で、祝言を3日後に控えていた主人公が片足を失い、生きる気力を失う。ピカで焼けこがれたアオギリの新芽に励まされて再び生きる。その後も数奇な運命をたどりながらも、被爆そのものを隠して生きてきた。アメリカが保管していた原爆写真に足を切断した写真が発見されたことで、ピカと再び向き合い、そして被爆体験の語り部となってアオギリの下で話し続けて命を全うするドラマです。
 沼田鈴子さんをモデルに昨年完成した映画で、全国で上映運動が行われています。
 私たちがきちんと向き合わなければならない、ピカが引き起こした無数の惨劇と被爆者の悲劇、何度も死にたいと思いながら、それでも生きて未来に繋げていく平和への想いが、ひしひしと伝わってきました。この映画に出会えて本当に良かったです。
今後、英語の吹き替え版をつくり、海外上映をめざすそうです。支援のためのTシャツ2枚と、手提げ袋を購入しました。なかなかオシャレなデザインです。

※今年は女性センター「トレピエ」で行われた戦争展。後世に戦争の悲惨さと平和の尊さを伝えようと、毎回実行委員会をつくり、戦争写真展や語り部さんの戦争体験の話が企画されています。来年こそ是非とも訪れてみてください。
c0236037_125947.jpg



iPhoneから送信

by kawatetsu20120208 | 2014-08-24 12:05 | 活動日誌  

<< 2014年9月議会一般質問 「... 全国保育問題合同研究集会に参加して >>