児童ホームと子どもクラブ

 私は、3月議会で、子ども子育て支援新制度のもとで、少し装いを変えた尼崎の児童ホームについて質問しました。生活の場としての児童ホームと、遊びの場の子どもクラブとは一線を画すべきとの思いで質問しましたが、なかなか当局とかみ合いませんでした。
 5月26日の赤旗に、この問題を山下芳生議員が14日の参議院で取り上げた記事がのりました。国の現行制度の実態をふまえていないあいまいな姿勢が明らかにされました。ご紹介しておきます。


「学童保育」と「放課後子供教室」山下氏 性格違うのに一体化なぜ 政府 “デメリットも検討したい”

 日本共産党の山下芳生議員は14日の参院内閣委員会で、政府が進めている「学童保育」と「放課後子供教室」(全児童対策)の一体型について問題点をただしました。
 安倍内閣は「放課後子ども総合プラン」で、待機児のいる学童保育について5年間に30万人の受け皿をつくるとしています。同時に学童保育と全児童対策の一体運用を掲げています。学童保育は昨年4月、職員の配置基準、施設の広さ、子どもの人数などで国の最低基準が定められ、今年3月末「放課後子どもクラブ運営指針」が出されました。
 山下氏が「すべての子どもが対象で定員や基準がない『放課後子供教室』と学童保育はその性格が違う。なぜ一体型・一体運用を推進するのか」と質問したのに対し、木下賢志厚生労働大臣官房審議官は答弁できませんでした。
 山下氏は、先行して一体的な運営を実施している自治体の事例をあげ、そこで指摘されている問題点として▽大規模ルームになる危険が高い。子どもたちの関係・居場所づくりが困難になる。学童保育の役割の低下▽配慮、支援の必要な子どもの保育環境の後退。全児童対策が学童保育の代替に使われる―などを紹介し、調査・分析して対応するよう求めました。
 有村治子少子化担当相は「子どもたちの、とりわけ共働きの家庭の親御さんの安心、子どもの安全が守られていくことは極めて大事なことだ」と述べ、「一体化のメリット、デメリットを検討したい」と答えました。山下氏は「それぞれちゃんとやりながら相乗的な効果を発揮できるようにするのが本来の運用だ」と求めました。

by kawatetsu20120208 | 2015-05-27 12:22 | 尼崎市政問題  

<< 2015年9月議会で一般質問(... 2015年度予算委員会総括質疑... >>