東京町田市、横浜市、名古屋市に行政視察

10月20日より文教委員会の行政視察が2泊3日で始まりました。昨日は人口42万人の町田市で、いじめ対策の条例制定に関わる行政について説明を受けました。ここではいじめ防止基本方針に基づいて様々な施策が行われています。基本方針は4つあり、1いじめを防ぐ、いじめから守るために、学校・家庭・地域が一丸となります。2いじめに気づく早期発見と適切な対応を促進します。3学校と教育委員会の連携を強化します。4 学校と関係機関の連携を促進します。とあります。特徴的なのは毎月1回すべての小 42、中20の学校で心のアンケートが実施され、いじめの早期発見について取り組みが行われていること等があります。今後の尼崎市の基本方針の策定にとって大変参考になる視察でした。
余談ですが町田市は3年前に市庁舎の新築を行い、1-2階で市民の窓口を集中させる、議事堂も市民が訪れやすいように3階に設置され、ボタンでの採決対応ができる設備を備えていました。
c0236037_08080749.jpeg
c0236037_08023773.jpeg
c0236037_08033400.jpeg
c0236037_08035148.jpeg

by kawatetsu20120208 | 2015-10-21 07:43 | 市政ニュース・リポート  

<< 行政視察2日目横浜市の巻 ニュース62号戦争法案 >>