尼崎文教委員会行政視察3日目 名古屋の巻

行政視察の3日目は、名古屋市です。①学力向上サポート事業、② 小学校1・2年生の30人学級についてお話をうかがいました。ここも昨日の横浜市と同様に人口200万人を超える大都市で、一つの事業を起こすこと自体が大変ですし、それを継続させることはさらに困難ということです。また予算をつけただけの効果があるのか、これを判定する指標がなかなか得られないこと等が課題であるということでした。

①は、各学校の創意工夫を生かした、教科指導の研究や教育活動の展開を支援し、知的好奇心を喚起するわかる事業、感動ある授業を実践することにより、確かな学力の向上に資するための研究を支援するものです。この名古屋市では学力調査の結果、国語力が課題とされていて、学校がテーマを決めてこの事業への応募、選定された学校課題提示型7校に200万円、課題自由型20校に100万円の予算をつけるといったものです。

②は、全国に先駆けて実施されたもので、1年生については平成14年から、2年生は平成19年から全校で行われています。ただ3年生になると国基準の40人学級となるため、学級運営の困難さから教員が担任希望を出さない等の問題が出てきているとのことです。保護者や学校現場からの要望も強いので少人数学級の必要性を国に迫っていく必要性、共通課題があることを再確認しました。
c0236037_23013166.jpeg
c0236037_23020083.jpeg
c0236037_23023990.jpeg

by kawatetsu20120208 | 2015-10-23 22:18 | 市政ニュース・リポート  

<< 京都民間移管シンポジウムに行っ... 行政視察2日目横浜市の巻 >>