全国保育問題合同研究集会に参加して

昨年に続いて今年も8月2日から4日まで福岡で開かれた集会に参加しました。遅ればせながら感想を 
1日目。
歓迎行事は多種多様で福岡らしい演出で、子どもたちと保護者らの歌あり劇、博多にわかなどパフォーマンスで福岡の底力を感じました。博多にわかは(究極のだじゃれ漫才?)わらけました。
オープニングフォーラムは来年度からの『子ども・子育て新制度』実施を見据え、報告や各地での実践報告もかみ合い、大変参考になりました。特に大阪の八尾市で市から紹介を受けて預けたファミリーサポートで、事故から3年後に子どもを亡くされた藤井真希さんの「保育事故の現状から基準、専門性、公的責任を考えよう」との訴えは心にしみました。
 2日目。
「公立保育園の民営化」分科会に久々に参加。東京東久留米市、大阪高石市、名古屋市のあらかじめ用意された報告に、尼崎も加えていただいて、プリントは準備していなかったので黒板いっぱいに板書して、報告させてもらいました。子どもたちを犠牲にして、財政的にしんどいからと止まらない民営化の状況に、ストップ民間移管と声をあげ続ける大切さを、改めて学びました。
 3日目。詩人アーサー・ビナード氏の講演に聞き入りました。日本語に長けたアメリカ人に日本の良さをたくさん教えてもらいました。
 言葉が変わると、別のめがねをかけているように別のものが見えてくると言います。朝食に出てくる卵料理、英語ではサニー・サイド・アップと太陽に例えるが、日本では目玉焼き、眼球焼きなど食えるかと、日本に来てしばらくこれが食べられなかったと。
 日本は苔国家で苔を愛する世界にも珍しい国。「苔のむすまで~」という国歌をもつ。でも元々この歌は詠み人知らずの歌で、近代国家として帝国主義に邁進する人たちが勝手に「君が代(世)」として乗っ取って利用した。2014年安倍政権の元で苔国家がどうなるのか問われている。原発の事故で最初の犠牲者は苔、放射能の値が高くなり、真っ先に徐染で殺される。安倍に聞きたい「苔が好きか」、原発再稼働で苔を殺すのか、「苔をコケにするな」「ポンコツ原子炉売るなら君が代やめろ」人間として破綻、矛盾ではないかと。
 日本にきてすぐの頃、広島を訪れ、「ピカ、ピカドン」の言葉を知った。ピカは半径2キロ以内で音よりも早い衝撃波で吹っ飛ばされた人が使う、ピカドンは3~5キロとちょっと離れた所で被爆した人が使い、感覚ではなく立ち位置で言葉が変わる。原子爆弾を投下したエノラゲイの乗組員は原爆を「キノコ雲」と表現する。ハダシのゲンの中沢さんをはじめ多くの人はキノコ雲を見ていない。広島の原爆慰霊祭にケネディが来ていた、でも彼女の立ち位置はペテンタゴン(米の国防省)だと指摘。アメリカは原爆があったから戦争を早く終結できたと宣伝してきた、本当にそうなら長崎まで2発も落とす必要があったのか。その背景にはマンハッタン計画があり、それは当時特定秘密として扱われていた。日本は昨年「特定秘密保護法」をつくり、「積極的平和主義」だと言って戦争をしようとしている。アベコベ総理の言葉を見抜こう、「だまされないで生き抜こう」と。
 彼は最後まで静かに淡々と聴衆に呼びかけ、「若者たちが何を勉強したら生き続けることができるのか」を考えようと講演を結びました。
 今年の福岡での全国合同研究集会は、本当に参加して良かった3日間でした。

# by kawatetsu20120208 | 2014-08-12 10:50 | 活動日誌  

8月6日「尼崎子ども子育て審議会」が開かれ利用者負担の答申が決定

8月6日に行われた尼崎子ども子育て審議会で、利用者負担の答申が決定されました。
以前の素案より部分的な2号・3号の階層を増やし負担を引き下げる等の見直しが行われました。市内6カ所で行われた説明会での意見や、パブコメ570件の意見が反映されたものです。
しかし公立幼稚園の利用料が、私立並に大幅に引き上げられることについては、付帯意見をつけるにとどまりました。
今後は、9月議会の条例化にともなって1~3号の保育料案が規則で定められる予定です。

# by kawatetsu20120208 | 2014-08-08 09:17  

7月30日尼崎子ども・子育て審議会の第5回利用者負担検討部会が開かれました。

審議会委員として傍聴にいきました。
前回部会で出されていた子ども子育て新制度にかかる利用者負担素案について、市民説明会・パブリックコメントを踏まえて、一定の改善が行われています。
保育所利用料がD4~D5階層がみなおされています。
また幼稚園保育料の第2階層における母子等の軽減策が提案されています。
次回、8月6日に審議会が開かれ、答申として決定され、9月議会に条例提案される予定です。

iPhoneから送信

# by kawatetsu20120208 | 2014-08-02 09:31 | 未分類  

7月26~28日【仙台、自治体学校で学んだこと】 

仙台自治体学校で研修してきました。報告したいことが山盛りで、内容については徐々に更新していきます。

【自治体学校の二日目】

巨大地震の傷跡が生々しく残る『仙台湾から石巻、気仙沼までの三陸海岸を訪ねる分科会』に参加

c0236037_06450506.jpg
c0236037_06443274.jpg
c0236037_06431037.jpg
立ち遅れる住民生活の再生はじめ復旧・復興の実情を見てきました。巨大堤防、高台移転、遅れるまちづくり、懸命に復興に挑む住民の奮闘と行政との矛盾を実際に確かめるものとなりました。

今後首都直下、南海トラフなど巨大災害に向き合っていかなければならない住民や行政の取り組みに貴重な示唆を与えるものでした。


リアスアーク美術館

c0236037_06415625.jpg

写真と震災時のがれきから見つかった生活用品が展示されている美術館を訪れました。ここは写真撮影禁止のため入り口だけを紹介。


遺品等が、関係者のメッセージが添えられてそのまま展示。津波にのまれて帰ってこなかった小学校4年生の孫に、贈った12段変速のマウンテンバイクがグシャグシャになったまま置かれていました。

また、さっきまで携帯電話で話していた娘の「あ~津波が来た」の言葉を最後に持ち主の携帯電話だけがみつかった。等々のお話が埋もれた館でした。


大川小学校

被災地では避難場所に指定されていたところに避難していたにもかかわらず、津波の犠牲になった例が各地で報告されています。

大川小学校では、子どもと教師、地元住民のほとんどが亡くなりました。川の堤を越えてすぐに学校が建てられており、過去に津波に襲われた経験を生かした立地が疑われる地点にありました。また少し行ったところの山に何故避難しなかったのか、本当に悔やまれる津波破壊の傷跡を見てきました。普段からの防災のとりくみ、いざという時の避難訓練が行われていたら、たくさんの命が救えたのにと・


c0236037_10060143.jpg
c0236037_10055102.jpg
【1日目全体会】
記念講演 日本国憲法の地方自治 杉原泰雄(一橋大学名誉教授)

c0236037_06015226.jpg


リレートーク1~3

原発災害の現状と自治体の役割 馬場有(福島県浪江町長)
c0236037_06414193.jpg
c0236037_06460874.jpg



地域の中の保健師 岩間純子(岩手県大槌町)
c0236037_06460057.jpg
c0236037_06455761.jpg
c0236037_06455497.jpg
c0236037_06455232.jpg
]

日常を取り戻すために 日常を失わないために 小島直弘(河北新報社)

c0236037_06454085.jpgc0236037_06453623.jpg

# by kawatetsu20120208 | 2014-08-02 07:11 | 活動日誌  

川崎ニュース39号をアップします。

c0236037_05310335.jpg
c0236037_05310844.jpg

# by kawatetsu20120208 | 2014-07-17 05:34 | 市政ニュース・リポート  

7月8日、臨時議会が召集され、役員改選が11日まで

7月8日、臨時議会が召集されて、役員改選が11日までの間に行われます。まずは、議長と副議長が新たに選挙で選ばれました。共産党市議団か、議長には松村ヤス子議員、副議長には辻おさむ議員を擁立しました。結果はいずれも7票対35票で、新議長には公明党の杉山議員、副議長には新政会の上村議員が選ばれました。毎年議長等の選出は、大会派から順に第一と第二の間で、議長と副議長の交代で回すことが、共産党以外の会派では慣例になっています。本来的には、本当に議長にふさわしい人を民主的に選挙で選ぼうというのが共産党の立場です。
これ以降、各常任委員会の委員長副委員長、主要な審議会等のポストを決めていきます。
私は、個人的には役選議会は2年に一度で良いと思います。長期に開かれている審議会等の委員が1年限りというのは、審議の継続性が失われるという問題があります。また実際に役選議会のために使われる時間はもったいないと感じるからです。背景には報酬等の問題が絡んでいて大変な問題だとは思いますが、これは議会改革の1つのテーマだと思っています。


iPhoneから送信

# by kawatetsu20120208 | 2014-07-09 09:07 | 活動日誌  

兵庫県赤旗まつりと今朝の顛末

c0236037_1033241.jpg

c0236037_1033231.jpg

7月6日、兵庫県赤旗まつりが行われ、参加者4,500人で大成功でした。
舞台尼崎の出番で、宮田しずのり県会議員のパフォーマンスを舞台に上がって、いきなり舞台監督で進行を行いました。なんとか様になっていたのかなあ。
私の尼崎立花地域後援会が焼きそばを販売し、13時で完売しました。本当にお疲れ様でした。後援会の休憩所と模擬店のテント代がたすかりました。
また10数年ぶりにお会いする人たちとの出会いがあって、大変楽しい一日でした。
さて今日は本来なら朝宣伝の日でした。ところが雨の予測をしていたため、雨がやんだのに中止しました。ところが地域の人は、やる気充分で、今日もやるぞーの意気込みでした。
赤旗 まつりで元気をもらったのでしょうか。皆さんには頭が下がります。
5時から起きてビラを作り始めたのですが、また雨が降り出したのであきらめたというのが実際のところでした。雨は降り続けるとの甘い予測で、皆さんのやる気を削いで、また反省しきりです。

# by kawatetsu20120208 | 2014-07-07 10:33 | 活動日誌  

6月25日6月議会最終日、本会議で4条例案に反対討論行う。

2014年6月議会 条例反対討論  2014年6月24日

おはようございます。日本共産党議員団の川﨑敏美です。

議案第79号尼崎市市税条例の一部改正」、82号尼崎市保育の実施に関する条例を廃止する条例、84号尼崎市児童福祉法に基づく児童福祉施設の設備及び運営の基準を定める条例の1部を改正する条例、85号尼崎市修学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律に基づく幼保連携型認定子ども園の学期の編成、職員、設備及び運営の基準を定める条例について反対討論を行います。                             

○議案79号については、11項目の改正が提案されましたが、このうち家屋の耐震化等の2項目、わが町特例による浸水防止用設備や環境対策等の設備にかかる固定資産税減額の4項目、農耕作業用の小型特殊自動車の課税免除1項目の計7項目には賛成するものですが、他の4項目には、次の問題点があると考えます。

第一に、消費税の増税を含む税制改革の一環であり、地方消費税の増収によって拡大する地方自治体間の税収格差を、法人住民税等の見直しによって是正しようというもので、消費税を地方財政の主要財源として整備定着させようとすることは問題があります。

第二に、法人住民税の法人税割を地方間の税収の水平調整のために一部を国税化し、地方は減収となるもので、法人の負担する税額は変わらず、尼崎では平成28年度で11億4千万円の減収になり、地方交付税で確実に措置されるのは75%の8億円あまりで、残りの3億円弱の財源保障については決まっていません。

三位一体改革で地方交付税の総額削減がうちだされ、平成26年度も3000億円もの減額となっている中で、税の減収分の財源保障が不明確なやり方では、地方税法の改正方向としては問題があります。

第三に、自動車業界の要望にこたえて自動車取得税の税率を引き下げて、その税収減を多数の市民や中小業者の移動手段となっている軽自動車や原付・オートバイなどの税率を引き上げて、ざっと6000万円以上の庶民増税で穴埋めしようというものであり、問題です。

よって、日本共産党議員団は、地方財源を消費税に頼らないこと、地方自治体間の財政力格差の是正は、地方財政に対する国の負担を増額するなかでおこなわれるべきだと考え、国に対する抗議の意味をこめて、議案第79号に反対します。


次に議案第82号、84号、85号についてです。

これらの条例制定は2012年8月に国会で成立した「子ども・子育て支援法」など、子ども・子育て関連三法に基づく子ども子育て支援新制度を、来年4月から実施するためのものです。

新制度は、保育に対する国・自治体の責任を後退させ、保育の企業参入の拡大、基準緩和、保育格差の拡大など、公的保育制度の根幹を解体するもので日本共産党は制度そのものに反対しています。

保育所の設置・運営に関する最低基準は現状でも低く、その改善が強く求められています。今回の新制度は、その低い基準をさらに切り下げ、保育の質の低下を招き、保育の格差を生み出すものです。

少子化が進行しているのに、保育所等の待機児童は増加しています、基準の緩和で対応するのではなく、保護者が求めるしっかりとした基準で運営される認可保育所を中心とした待機児童対策が行われるべきです。

基準の低い小規模保育を安易に活用するのではなく無認可保育所の保育条件の改善による認可を含め、認可保育所の増設を進めることが必要です。

 子ども・子育て支援新制度を実施するために国は早期に基準案を示すとしていましたが、自らの提案を大幅に遅らせ、自治体での議論が充分につくされるという保障を与えませんでした。今回の条例を定める基本となっている、基準の最終答申を当局は13回に及ぶ部会、「尼崎子ども子育て審議会」での審議で議論は尽くされたと説明しています。しかし、私は、主には国の基準提案が遅れそれを審議会に参加する委員全体が、十分理解する余裕はなかった、結果、議論は尽くされたといえなかったと考えています。

 中間答申が出されて以降、パブリックコメントを実施したものの、市民むけの説明会等も行われず、条例案そのものが議会に提案されたのも6月議会開会直前に行われたにすぎません。慎重な議論を深めていくために6月議会での条例提案を遅らせている自治体がたくさんあります。しかし、本市では今度の条例提案にいたる審議自体を拙速に行い、性急な条例提案となっているのではないでしょうか。

 過去に、市の保育水準は国基準を上回って実施されていた時期がありました。それが引き下げられて、現在国基準と同等となっています。今回、これを向上させていく絶好の機会であったにもかかわらず、現行の認可保育所の市の基準はこれまで通りとされ、保育士の配置基準、面積基準等、見直しが行われていません。

 また、小規模保育事業の基準は、一部に国基準以上のものが盛り込まれているとはいえ、無資格者の保育者が容認される等、現行の認可保育所の基準を、下回るものとなっています。子どもが利用する施設によって、保育に格差が生じてしまうという問題は残ったままです。

 幼保連携型の認定こども園の設置は、子どもにとってどのようなメリットがあるのでしょうか?保育所のような、学校のような施設で、その規定は曖昧です。保育時間が異なる子どもたちを、どのように学級編成をし、学校としての教育を行い、保育していくのか、不明です。とりわけ幼保連携型認定こども園が、児童福祉法24条1項の規定から外され、保護者との直接契約となっており、市が調整者としてどこまで関与できるのか、本当に子どもにとって最善の保育環境が提供できるのか問題があると考えます。

 日本共産党議員団は、少子化対策、待機児童対策のためというのなら、現行の保育制度を守り拡充していく方向で取り組むべきだと主張します。よって子ども・子育て関連三法に基づく、条例第82号、84号、85号の制定に反対します。

 以上ご賛同をお願いいたしまして、私の反対討論を終わります。


# by kawatetsu20120208 | 2014-06-26 00:45 | 議会報告  

立花フェスタ南館の南側の道路が補修されました

6月の最初に宣伝をしたときに、道路の1部に亀裂があるのを後援会員さんが発見しました。早速市の道路維持担当課に連絡を入れました。すぐに見に行ってくれ、表面を叩いたら中に空洞があることがわかり、陥没を防ぐための補修工事を一気にやっていただきました。見過ごしていたら、ひょっとしたら重大事故につながったかもしれないと思うと、市の対応も含め本当に良かったと思います。
c0236037_12505647.jpg
補修前
c0236037_12510386.jpg
補修後

# by kawatetsu20120208 | 2014-06-20 19:35 | 活動日誌  

健康福祉委員会と尼崎市子ども・子育て審議会の日程

尼崎市子ども・子育て審議会の「基準部会」が基準の答申を出し、それが条例案となりこの6月議会で審議されます。
そして今度は、公定価格についての「利用者負担検討部会」がひらかれ、「中間まとめ」が発表され、これが。「尼崎市子ども・子育て審議会」に提案され、最終的には9月議会に公定価格等の条例案が提案されます。
新しい日程案が示されています。
ぜひとも、たくさんの傍聴参加をお願いします。


☆健康福祉委員会      6月18日(水) 午前10時より     議会棟 第一委員会室
☆「利用者負担検討部会」  6月18日(水) 午後 6時30分より 立花フェスタ南館5

☆子ども・子育て審議会   7月3日(木)  午後 6時30分より 立花フェスタ南館5階
 

# by kawatetsu20120208 | 2014-06-11 20:24 | 関心ある情報