人気ブログランキング | 話題のタグを見る

参議院選挙にあたって 自由と平和をもとめて

放射能の怖さを私たちは知っている

広島で長崎で放射能を浴びた被爆者

どんな悲惨な人生を強いられたか

その人たちの前で核武装をしろなどと

平気で言えるのか


人間なら、人間だからこそ

原爆が落とされた8月のことを忘れず

平和への祈りを捧げる

今年も心静かに祈りたい

そんな日が間もなくやってくる


やられる前に相手をやっつけろ

平気で武器を振りかざす人たちの跋扈を許さない

そんな野蛮なことはやめようよ

あたりまえのことが あたりまえにみんなに伝わる 

こんどの選挙 そんな7月にしていきませんか 

戦争をやめさせるためにも 自由と平和の世界こそもとめ


# by kawatetsu20120208 | 2022-06-22 11:36 | 日々つれづれ

当選証書授与式

2021年6月8日午前11時から当選授与式が行われました。議会構成は共産党6➡5、公明12➡12、維新7➡10、自民8➡8?(無所属の1名が入るのか?)、緑のかけはし4➡4、グリーンクラブ4➡3(立憲民主と国民民主)となりました。捲土重来をめざしてこの4年間頑張りぬきます。
当選証書授与式_c0236037_14584922.jpg

# by kawatetsu20120208 | 2021-06-08 14:04 | 活動日誌

川崎事務所開く 辻修前議員からのエール

ちょっと前の話ですが、辻さん元同僚の小気味いいお話です。

川崎としみ事務所開き あいさつ 2021 04 25
コロナ対策に、 マイ・マイクで失礼します。
ご紹介いただきました、前市議会議員の辻おさむです。
いま、治安維持法国賠同盟の尼崎支部長をしています。
川崎さんも、役員をしていただいて、たいへんお世話になっています。
今日は、事務所開きということで、一言ごあいさつさせていただきます。

私、 この前、 鼻に長~い綿棒を突っ込まれました。PCR検査というやつです。
お前、 そんなコロナが疑われるようなお店に行ってるんか?
違います! この一年ぐらい、飲みにいっていません!
実は、あまよう特別支援学校で、障害者の子どもたちを送り迎えするパスの看護師さんが、「首になりそうだ」 というので、 労働組合から 「公契約条例について聞きたいので来てくれ」と、 呼ばれたんです。 その会議にコロナ陽性者がいたので、 検査を受ける羽目になってしまったんです。幸い陰性でした。

いま、市役所の仕事は、どんどん民間会社に委託されていってます。
市役所と民間会社が、委託契約を結ぶわけです。これが公契約。年度末になると、これの更新、契約変更が集中します。新年度に契約が取れなかったら、それまで働いていた労働者は、仕事を失います。契約企業が変わっても、「引き続き、労働者が仕事を続けられるよう努力せよ」というのが公契約条例、尼崎では「公共調達基本条例」といいます。
川崎さんが議会質問で、この条例の対象になる事業だという答弁を引きだしてくれました。
窓口で市民に対応するのは、民間の労働者だというのがどんどん増えています。市職員は、企画と管理をするだけです。市民の顔が見えないから、冷たい対応も目につきます。
これにたいし、市民の声、市民の困りごとの解決のために、頑張っている川崎さんが、尼崎市にとってどうしても必要です。

もうーつ、川崎さんは、腰が軽い。すぐに動いてくれます。
この間も新聞を見ていたら、犯罪被害者の会が、上川法務大臣に要望書を手渡したのですが、藤本護さんとともに、川崎さんが写真に写っている。大きな役割を果たしています。
経歴を見ても、いろんな仕事をされています。法律事務所、印刷広告業、イベント会社、介護施設。
そして保育所や児童ホームでの活動、市民運動、まあ、多種多彩ですが、これらの経歴が、いま、議員活動の幅広さとして生きているんじゃないですか?

そして、 市議団の幹事長、 団長としても活躍されてきました。 共産党は、 素晴らしい議員さんも多いんですが、これができる人は少ないんです。
当局の窓口として、団をまとめ、他会派との折衝にもあたる、大事な役割です。
今の菅政権のひどい政治をやめさせるためには、市民と野党が力をあわせなければなりません。
川崎さんは、議会の内外で、その最前線で頑張っている人です。
他党派からの信頼もあります。ねえ、丸尾さん!近くに事務所を構えて申し訳ありませんが、快く承諾していただいたと聞いています。
川崎さんがひきつづき議会で働くことができるよう、みなさんのご奮闘をお願いし、ごあいさつといたします。よろしくお願いします。

# by kawatetsu20120208 | 2021-05-27 08:42 | 活動日誌

2021.5.23JR尼崎駅北での田村智子議員さんとの市議選訴え

3 期目の挑戦、川崎敏美です。
尼崎市の正規職員はこの 25年間で 5614 人から 3257 人へと、42%の 2357 人も減らされてきています。全国平均は 20%程度の削減ですから、尼崎市はその倍以上もの職員削減を行ってきているのです。
こうした状況の下で、支所は 6 か所から南北の保健福祉センターの 2 カ所に減らされています。その結果、乳児検診が地域によってはバスと電車を乗り継いで行かなければならないとか、新たな問題が生まれています。しょっちゅう役所に行かなければならない福祉関係の事業者さんは、車で福祉センターに行くと駐車料金を払わされています。出屋敷の南部福祉センターには住民票を発行する機能もありません、コンビニ交付があるからと市は言います。でもマイナンバーを持っている人は 3 割にも満たない状況で、本庁までわざわざ行くというお話も聞きます。これって市民サービスが低下させられているってことですよね。
コロナ禍を体験して公衆衛生を守るべき保健所の機能が整っていなかったことに気づかされました。過去、保健所は 4 カ所と園田と武庫には保健支所 2 カ所がありました。つまり 6 つの機能を持っていたのが、今や立花フェスタの保健所のみ 1 カ所となっています。こうしたことが保健所の機能不全を生み出したのではなかったでしょうか。
やみくもな公共施設の削減が、住民サービスを低下させているだけにとどまらず、危機に対応できない役所をつくり出しています。背景には、公共施設の削減計画を推進してきた国の悪政があります。これからも国は、人口減少が最大ピークとなる2040 年までに職員数を今の半分にすることを求めています。市は公共施設の削減計画を 30%以上、市営住宅は 15 年間で 15%以上減らそうとしています。
私は、国が押し付ける、小さな市役所づくりは、住民の福祉を向上させていく自治体の機能と役割をなくしていくことになってしまうと思います。国の悪政を従順に受け入れてきた市政を質していかなければなりません。国にはっきりとノーを突きつける議会が必要です。日本共産党の 6 議席が必要です。これまでも公共施設の削減計画と市職員の削減に市議団は議会で唯一、一貫して反対してきました。これからも貫いてまいります。私、川崎敏美は、何よりも市民のいのちと暮らしを再優先でまもる市政をつくっていきます。


# by kawatetsu20120208 | 2021-05-25 02:08

議会で川崎としみが、取り上げてきたこと

ランダムに掲載、詳しくは、日本共産党尼崎市議団のHPをご覧ください。

2019.6 川崎 教育の充実について

日々の学校で子どもたちは人間として大切にされているでしょうか。
学年が進むにしたがって受験中心の教育となり、子どもは競争に追い立てられ、他人と比べられ、豊かな子ども期が奪われています。ここまでの受験中心の日本の教育は国際的にも異例で、国連子どもの権利委員会は再三「高度に競争的な教育制度」の是正を勧告しています。
競争主義の教育は、子どもの人格形成に欠かせない遊びや休息をうばい、人間関係をとりむすぶ力も弱まります。
また点数のための勉強で「何のために学ぶのか」という大切なものを失います。落ちこぼされた子どもたちは、力があるにもかかわらず劣等感をかかえます。「できる」子どもにしても、歪んだ優越感をもち、早く「答え」を出すことの訓練で、深くものを考える力が伸びなくなります。学年が上がる毎に成績が問われる、受験のために勉強をする学力至上主義が子どもや保護者、先生をはじめ学校を追い詰めていっているのではないか。その中で子どもたちが最も追い詰められ、そのはけ口としていじめ問題が発生しているのではないでしょうか。
教育を根本から子どもを中心に据えた視点から見直すべきだと考えます。

# by kawatetsu20120208 | 2021-05-24 16:46 | 市政ニュース・リポート